Request & respond explanations
  • Don't understand the meaning of the song?
  • Highlight lyrics and request an explanation.
  • Click on highlighted lyrics to explain.
Pierrot – Acid Rain lyrics

真っ赤な空の下で耳を塞いでいた
消える命に何も感じなくなって
苦しいほどにこの胸は
確かに痛むのに
悲しい顔がわからない
焼き尽くされた
大地の上で立ち尽くした
何が正義で悪かなんてどうでもいい
大切だったささやかな
温もりも奪われ
怒りさえも失って
もう眠りたいけれど
声が聞こえるから 君を探している
毒の雨に全てが流される前に
笑顔でまた逢えるさ
あの場所でなら
悲劇が終わるときに
答えが見えるから

二人で見た遥かな輝いた未来は
決してこんな荒れ果てた
景色じゃないはずで
声が聞こえるから 君を探している
毒の雨に全てが流される前に
君が必要なんだ 闇を照らすには
壊れそうな身体が求めているんだ
笑顔でまた逢えるさ あの丘でなら
きっとこの雨が雪に
変わっていく季節に



Lyrics taken from /lyrics/p/pierrot/acid_rain.html

  • Email
  • Correct

Acid Rain meanings

Write about your feelings and thoughts about Acid Rain

Know what this song is about? Does it mean anything special hidden between the lines to you? Share your meaning with community, make it interesting and valuable. Make sure you've read our simple tips.
U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

Post meanings

U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

official video

Featured lyrics

0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z