Add Explanation
Add Meaning
$album_name
$date_release
$writer_name
New! Read & write lyrics explanations
  • Highlight lyrics and explain them to earn Karma points.
Kenshi Yonezu – Hisuinoookami lyrics

孤独の寂しさ噛み砕いて
沸き立つ思いに耳を傾けて
泥濘踏みつけ歩いていけ
嵐の中涙流しながら
翡翠の狼はまた嘆く
その身に宿す美しさも知らず
高めの崖を前にほら嘆く
誰かの力借りりゃ楽なのに
もうじき誰か友だちがくるさ
口笛吹きながら夢を見ていた
どこまで行くのか
決めてなんかないが
ひたすらあなたに会いたいだけ
知らない間に遠くまで来たが
暖かい場所はまだ向こうか

りんごの花咲く春の日まで
心の目印曇らせないように
吹雪に曝され歩いていけ
虚しさ抱え混沌の最中まで
翡翠の狼は絶え間なく
我が身に怒りを向けては歌を歌う
戦え誰にも知られぬまま
それで自分を愛せるのならば
かけがえのないものはなんだろな
踵鳴らしながら待ちぼうけた
消せない記憶と苦しみの中で
終わりが来るのをただ待つだけ
この世で誰より綺麗なあなたに
愛しているよと伝えるまで

どこまで行くのか
決めてなんかないが
ひたすらあなたに会いたいだけ
知らない間に遠くまで来たが
暖かい場所はまだ向こうか
消せない記憶と苦しみの中で
終わりが来るのをただ待つだけ
この世で誰より綺麗なあなたに
愛しているよと伝えるまで



Lyrics taken from http://www.lyricsmode.com/lyrics/k/kenshi_yonezu/hisuinoookami.html

  • Email
  • Correct


Music Facts about Kenshi Yonezu and "Hisuinoookami" song

Hisuinoookami meanings

      Write about your feelings and thoughts about Hisuinoookami

      Know what this song is about? Does it mean anything special hidden between the lines to you? Share your meaning with community, make it interesting and valuable. Make sure you've read our simple tips.
      U
      Min 50 words
      Not bad
      Good
      Awesome!
      Explain