Season lyrics by Ayabie - original song full text. Official Season lyrics, 2019 version | LyricsMode.com
Request & respond explanations
  • Don't understand the meaning of the song?
  • Highlight lyrics and request an explanation.
  • Click on highlighted lyrics to explain.
Ayabie – Season lyrics
巡る季節の中で辿り着いた
君との世界
春風 吹き抜け 思い出す

止まる事を知らない夢を語る真夜中
いつも窓を見ると明るくなってたね
一人きりになった 冬の朝
離れた距離さえ 知れず
今も覚えてるかな
この世界で描いた日々
照れ屋な君だから
教えてもらえないよね
いつも待ち合わせた
公園前 自転車置き場
止めたままにして 今でも

君がくれた夢は夜の夢を無くした
話し声が今は秒針に変わって
重ねた思い出 笑顔 涙
部屋を出た 最後の 君
恐くて言えなかった
別れの言葉 本当の気持ち
言えばもう二度と
会えないような気がして
長く続く道は必ずいつか繋がってる
そう言っても まだ辛くて

いつかの春にはきっと同じ桜を見て
浮かべた未来 その続きを
また一緒に

今も覚えてるかな
この世界で描いた日々
照れ屋な君だから
教えてもらえないよね
早く伝えたいよ
色んな話 待ちきれない
また会える日まで 歩くよ

長く続く道は必ずいつか繋がってる
×



Lyrics taken from /lyrics/a/ayabie/season.html

  • Email
  • Correct

Season meanings

Write about your feelings and thoughts about Season

Know what this song is about? Does it mean anything special hidden between the lines to you? Share your meaning with community, make it interesting and valuable. Make sure you've read our simple tips.
U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

Post meanings

U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

official video

Featured lyrics

0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z