Rusty Lance lyrics by Akeboshi - original song full text. Official Rusty Lance lyrics, 2020 version | LyricsMode.com
Request & respond explanations
  • Don't understand the meaning of the song?
  • Highlight lyrics and request an explanation.
  • Click on highlighted lyrics to explain.
Akeboshi – Rusty Lance lyrics
何度も電話したよ、
夜のドアもたたいた
君がいないことを理解さえできずに
今日も過ぎた
君が育った街の路地を歩いて
よく遊んでたっていう、
滑り台に乗って
夕陽を待ってた
まるで月のように君は現れて
僕の心の孤独を照らした
どれくらい僕らは
わかりあっていたのだろう
草むらに寝転んで
空を見ていた
雲のちぎれる音を
ずっと聴いていた

誘ってくれたのは、
さよならの代わりかい
夢みたいな時間を、
最後に残して、僕に残して
ここまで いったい何が
僕らを繋いでたんだろう
深い森の中で
木が燃えていた
僕はそれに触って
君を傷つけた
遠い君の中で
木が燃えていた
We'll be wrong, We'll be right.
×



Lyrics taken from /lyrics/a/akeboshi/rusty_lance.html

  • Email
  • Correct

Rusty Lance meanings

Write about your feelings and thoughts about Rusty Lance

Know what this song is about? Does it mean anything special hidden between the lines to you? Share your meaning with community, make it interesting and valuable. Make sure you've read our simple tips.
U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

Post meanings

U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

official video

Featured lyrics

0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z