109 lyrics by AKB48 - original song full text. Official 109 lyrics, 2020 version | LyricsMode.com
Request & respond explanations
  • Don't understand the meaning of the song?
  • Highlight lyrics and request an explanation.
  • Click on highlighted lyrics to explain.
AKB48 – 109 lyrics
傘さえ持たずに
雨の中を飛び出した
濡れてしまえば
頬の涙も消えるから
すれ違う人は
哀れんではくれるけど
私をわかってはくれない
彼の部屋で鉢合わせした
あの彼女はどこの誰か教えて
愛はまるで道に迷った エトランゼ
どこへ行けばいいの?
私 一人きりで…
うわの空で歩いた
緩い坂を上(のぼ)って
気づいたら…109(マルキュー)
右手に携帯
握りしめて 待っていた
彼の言葉は
どんな嘘でも頷ける
友達はみんな
「遊ばれてるよ」と言うから
誰にも相談できない
女の子は悲しい時
なぜここへと
歩いて来るのでしょう?
愛はいつも出口見えないラビリンス
何か信じたいの 胸の奥の光
通い慣れた店先 流行りの服眺めて
泣かせてよ…109(マルキュー)

女の子はここへ来る度
身も心も大人になってゆくの…
愛はまるで道に迷ったエトランゼ
どこへ行けばいいの?
私 一人きりで…
うわの空で歩いた
緩い坂を上(のぼ)って
気づいたら…109(マルキュー)
×



Lyrics taken from /lyrics/a/akb48/109.html

  • Email
  • Correct

109 meanings

Write about your feelings and thoughts about 109

Know what this song is about? Does it mean anything special hidden between the lines to you? Share your meaning with community, make it interesting and valuable. Make sure you've read our simple tips.
U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

Post meanings

U
Min 50 words
Not bad
Good
Awesome!

official video

Featured lyrics

0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z